ChromeブラウザでSlackに接続した後、メッセージ入力欄の横にある add ボタンをクリックして、Send Anywhereをクリックします。

chrome_slack_01_revised


Send Anywhereのファイルアップロード領域をクリックして添付するファイルを選択するか、添付するファイルをドラッグ&ドロップします。既にアップロードされているファイルを添付することもできます。

chrome_slack_02


ファイルを選択すると、メッセージ入力欄にファイルをダウンロードできるアドレスが生成されます。一度アップロードされたファイルは、一週間の間に無制限にダウンロードすることができます。


メッセージの入力欄を右クリックすると活性化されるAttach files with Send Anywhereメニューをクリックしてもファイルを添付することができます。

chrome_slack_03


* ChromeブラウザでSlackに接続した場合にのみ使用可能です。
* Send AnywhereChrome拡張機能の設定で大容量ファイル添付機能の使用可否を設定することができます。